• iketomoyoga

たい焼きと震える文章



たい焼きは皮が厚いのが好き?薄皮?


ブログをもっと上手に書けるようになりたくて

先日受講した「震える文章講座」の時に、頭にたい焼きのイメージが浮かんできた。 あんこが本音だとしたら、薄皮から熱々のはみ出たあんこ(本音)ほど

おいしい(面白い)よね。


そんなことを思った。


自分はどうかな?

自分が書く文章は、なんか暗い。

甘さがたりない、生煮えのあんこのよう。

自分の内側を掘れば掘るほど暗さがあふれ出る。


それを払拭したくて

文体がちょっと強くなってしまう。


「書いた文章を読んでみて」


・・・無理。絶対泣く。

3月21日に開催するイベントについて書いた文章は

開催するワクワクを書いたつもりが

自分の名前を冠にしたイベントで

人が集まるのか・・・?っていう怖さと自分への否定が、出ていた文章になっていた。


それを隠したくて強めな文体になって、泣かないように感情を抑制して読んだら


「もう一回読んでみて」


泣かせるために言ってるよね?

感情を開かせるためだとわかっていても

も~無理。絶対無理。泣く・・・ けど人前で泣くのも嫌だ~!

号泣寸前で何とか読んだ。


自分にとって文章を書くという事は

押し殺してきたり、我慢してきた感情の蓋を開ける作業だ。

だから、開けるたびにどろどろとした感情が溢れてしまう。 人前で泣けないのも、感情を押し殺す癖がでてしまう。


講座で文章を書いていた時に出てきた感情は


「やりたい」


と思った事を、親に否定されたり、先送りにされて我慢し続けた感情。


「やりたい」


けど、震えちゃうのは、


どうせ否定されるだろう、

どうせうまくいかないだろう、


という思考パターンが自分を怖がらせているんだな、という事に気がついた。


こうやって文章にしてみると

どろどろとした中に答えが見つかってくる。

ひとり文章セッションみたいだ。



「小豆の声を聴けぇ、何してほしいか小豆が教えてくれる」

今の朝ドラで、小豆を炊く時に言う

「あんこのおまじない」


言い換えるなら

「心の声を聴けぇ、何をしてほしいか心が教えてくれる」


おいしいあんこを炊くように

心の声に正直に、自分の言葉を紡いでみよう。

いつか、薄皮から熱々のあんこがたっぷりはみ出た、おいしいたい焼のようなブログが書けるように。




閲覧数:68回

最新記事

すべて表示

梅仕事